【拝命十三貴族】

アリス少尉のマルヴィン家を含む、皇室会議への列席を許された誉れある貴族。帝国への多大な功績が認められ、十三貴族には特別に皇帝から字(あざな)が与えられている。
ちなみに、マルヴィン家の字は“L(レイ)”。「斬り裂きし者」という意味を持ち、戦場で常に先陣を斬り開いた騎士の軍功を讃えている。